革財布の選び方:色で楽しむ革財布!

革財布と言えば定番はブラックとブラウンです。黒の革はフォーマルなシーンにピッタリですし、茶色の革はカジュアルなシーンによく似合います。しかし、ブラックとブラウンだけではちょっともったいないです。ブルー、レッド、グリーンなど革財布には豊富なカラーバリエーションがあるんです。そんなカラフルな革財布の魅力を紹介します!

フォーマルにはブラック(黒)・カジュアルにはブラウン(茶)の革財布が定番

革財布の定番中の定番と言えば、ブラックの革財布です。

左の写真はココマイスターの最高級財布「クリスペルカーフカシウスウォレット」です。この滑らかで光沢のある革の気品が、小さな写真でも十分に伝わってきます。

日本には一張羅(いっちょうら)という言葉があります。普段は質素倹約していても、晴れの日にはとっておきの一番高価な晴れ着を着るというものの考え方を象徴する言葉でしょう。そんな意味でもフォーマルシーンは着飾った人生のハイライトシーンです。フォーマルウェアに似合う黒の高級革財布は是非用意しておきたいものです。

黒の次の定番と言えばブラウン(茶色)の革財布です。

茶色と言っても黄色に近いものから濃厚なこげ茶に近いものまでいろいろとあります。濃い目の色のものはフォーマルでも似合いますが、一般にカジュアルによく似合う財布です。

左の写真はココマイスターのマットーネラージウォレットです。ギフトランキング第1位の人気のある財布です。ココマイスターでの色名は「ブランデー」です。エイジング(経年変化)で濃い茶色に変化していきます。

エイジング(経年変化)の様子は革の種類で異なるので、新品だけの状態ではなく、事前に確認しておくことをおすすめします。参考までに「革財布のエイジング(経年変化)とは?」をご覧下さい。

左の写真は同じくココマイスターのマットーネラージウォレットです。ココマイスターでの色名は「ビターチョコ」です。ここまで色の濃い茶色であれば、カジュアルだけでなく、フォーマルシーン、ビジネスシーンにも似合うでしょう。

茶系はバリエーションが豊富で、他にもキャメルなどもあります。お気に入りのブランドで探してみましょう!

鮮烈な印象のレッド(赤)、上品な印象のブルー(青)、優しさを感じるグリーン

最も鮮烈な印象を与える色と言えばレッドでしょう。

YUHAKUの赤の財布

YUHAKUの青の財布

左の写真はYUHAKUの水染めコードバンのラウンドファスナー長財布です。YUHAKUでの色名は「Wine」です。

YUHAKUの水染めコードバンは上質のコードバンを複数の染料で重ねて染色する独自の製法で作られたもので、グラデーションのある芸術的な色に染め上げられています。

YUHAKUの水染めコードバンについては、「YUHAKU ユハク 水染めコードバン」をご覧下さい。

YUHAKUの水染めコードバンシリーズは、赤だけではなく、ブルー、ブラウン、ブラックがあります。左の写真は同シリーズの二つ折り財布です。YUHAKUでの色名は「Blue」です。

BuleもWineと同様に、複数の染料を重ねて手作業で染め上げられていますので、グラデーションがあり、含みのある色に染め上げられています。

YUHAKUの革財布は、このような染料を使った水染めならでは魅力があります。他のブランドではココマイスターのブライドルシリーズにも赤と青の財布がありますし、イタリアンレザーを使ったAYAME ANTICOの財布などがあります(イタリア伝統の渋革×日本の熟練職人が生み出す上質な革製品≪AYAME ANTICO≫ )。

左の写真はココマイスターのブライドルシリーズのブライドルインペリアルパースです。ココマイスターでの色名は「モスグリーン」です。英国の伝統ある皮革であるブライドルレザーは、いろいろな色に染めることができ、カラーバリエーションが豊富です。他にも赤、ネイビー、ブラック、キャメル、ヘーゼル、ブラウンなど魅力的が色があります。ご興味がありましたら左の写真をクリックしてご確認下さい。

サブコンテンツ

メンズ財布の選び方

メンズ財布にもいろいろな種類があります。何となく探すと、どれを選べばよいのか迷ってしまうでしょう。チェックポイントを知っているだけで、ずいぶんお気に入りの財布に出会える確率が高くなります。まずは右上のメインメニューからご覧ください。

このページの先頭へ